未来区民図鑑

在原みどり(ありはら・みどり)

 

 

ニックネーム:

みどり、みどりちゃん

 

生まれた日:

1977年7月20日

 

出身地:

福岡県福岡市

 

出没地域:

福岡県糸島市、福岡市、直方市

 

個性心理学分類:

 

本籍地:

福岡市

 

言語:

日本語、博多弁と糸島弁のハーフ

 

身長:

165.7センチ

 

体重:

ポトフ30杯分

 

血液型:

B

 

星座:

かに座

 

好んでいるもの:

映画(ホラーとスプラッタ映画)、音楽(BUNPとか)、寝ること、食べること、汁物

 

特技:

ずっと運転できる、人の話を5~6回まで新鮮に聴ける(すぐ忘れているから!)

 

スキル・経験:

小学校のバレーボールの審判、PCのワードやエクセル、話をずっと聴ける、運転(送迎)、

 

職歴:

プログラマー、接客、イベントなどでの弁当販売


なんで未来区民になったか?:

未来区の「医療」「福祉」「教育」に興味があり、ファンだったから

 

どうして投資課職員になったか?

区民として健康マルシェに出店していたが、囲炉裏という場も好きだったし、理念も共感できた。

物足りなくなってもっと人を呼びたいと思った。

 

 

未来区民としてやってみたいこと:

いろんな人に会って、人が集まったり動いたりする機会を創る

 

 

来歴・人物・エピソード:

 

◎予定日を10日過ぎて4050グラムで誕生。

 

◎「写真を撮るよ!」と言われたら、色々な小道具をもって、ポーズをとったり顔をつくったりしていた!

 

◎小1の国語の授業で、きつねが買い物に行く話があり、先生の何らか(覚えてないけど!)の問いに「そんなん雪が積もってたからに決まってるやん!」と皆を見下した覚えがある。

そしてそういうことは、大人になってからも、実はちょいちょいある。言わないけど笑。

 

◎小学校高学年中学校からは暗くなる。親の「がんばってるあなたがいい」に疲れていた。

苦しいが、「親の求める自分」も演じていた。

また、自分の面白いことと友達の面白いことがズレている感覚があった。

「自分らしい」を出さないほうがいいなと思っていた。

勉強頑張ったら成績あがってしまった。いい高校に合格した時は、自己満足やプライドが満たされた。

が、勉強が好きだったわけでもないし、入ってみたらしんどくて、高2で不登校に。WOWWOWで映画をみて過ごす。

 

◎ひまになってきたころ、友達などのおかげで、卒業も進学もした。

短大は、コンピューターを扱う仕事に「かっこいいなー!」と思い、それ系の学校へ。社内恋愛にて22歳で結婚。

 

◎ITで働きすぎて、また「こうでないと」というのが強すぎて、ウツっぽくなる。

その1~2年後に出産。

 


家族:

夫、娘

 

おもな仕事:

ボディワーカー、癒しゆるめる人。

 

受賞歴:

◎「自分の好きな人や物事は、自信をもって紹介できるで賞」by自分

 

関連書籍:

◎出版の予定は特になし。

 

外部リンク:

https://www.facebook.com/profile.php?id=100022751370546