ここまでのおさらい。

 

🖊そもそもの母の想い

14歳の誕生日|未来の人財を育てる親・教育環境を創るものとして

 

🖊14歳2日前、「俺の秘密基地プロジェクト」始動の巻

14歳まであと2日、「俺の秘密基地プロジェクト」①クローゼットで寝たいねん②ギャラリーつくりたいねん|未来の人財を育てる親・教育環境を創るものとして

 

 

ということで迎えたクライマックス。

 

③部屋の中に自分の家を建てる。

という崇高なミッションを前にした長男とわたし。

 

自分たちだけじゃ、ぜーったい無理ー!

と潔く素早く駆け込んだのが、

 

友人でも仕事仲間でもある、(株)キュリアス・マインズの代表、松武陽子(よーこ)。

 

ちょうど新型コロナでのstayhome企画をしているとのこと!

 

まずはzoomにてオンラインで、「よろず相談」とやらを受けることにした。

 

 

現場を動画で見せて~

イメージを伝えて~

そしたらWEB上でこんな図をパパっと共有されて~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よーこが来訪。

 

早速これから事件が起こる現場を取り調べして~

 

この日は枠組みをつくり、壁や天井は後日廃材を使って仕上げるプランに決定。

 

測って、計って、図って~

 

いざ買い出し🚙!!

 

 

(余談:なかなかアグレッシブな息子のため、前日の夜入浴中に急に思い立って自分で髪を切るものの玉砕。

ガタガタのヘアスタイルはご愛敬♡)

 

 

 

 

サクサク進む長男とよーこ。

 

選び―の、買い―の、運び―の。

「2×4の材料」とやらを15本、そして「ブロンズのビス」とやらを2箱買いました。

 

 

💴材料費はこんな感じ。

●木材 385円×15本=5,775円  ●ビス 352円×2箱=704円   ◆合計:6,479円

 

まあ予算内。

親としても、すぐに飽きちゃうモノをただ買うよりもずっと払いがいがある!

 


 

買ってきた材料を、測って、電動のこぎりみたいなので切って、やする。

 

パーツができたら、まずは土台になる枠を組み立てる。

・・・・・・

 

 

っていうところで、14歳初心者、ここで

自由に羽ばたいた責任を受け取る笑。

 

 

あーこれは思ってたより大変やな、難しいしめんどくさい。。。

というような気持ちが彼の中に湧いてきたのだ。

 

 

おーおー、そうかいそうかい、だろうよ笑。

良き良き。

 

だってさ、これほど大切な経験があるか??

 

自分の心に湧いた好奇心の種に、水やって、芽が出て茎になり、花を咲かせ実をつける。

その過程で感じるいろーんな気持ちこそ、子どもたちにとって何よりの財産。

 

今の授業でやるような、袋に入ったみんな同じの木片のキットを配られて机の上でやる工作じゃない。

(もちろんこれについては、先生方にも葛藤があることが多いのは承知している)

 

 

自分の中に湧いたことを、実際にカタチにする。

その結果を受け取る。

これほどの学びがあるだろうか。

 

 

彼は今、『建物がつくられる』工程を初めて肌で感じて体験しているのだ。

図を描き、測り、人に自分の考えを伝え、人に教わって。

これこそが、図工だし物理だし国語だし数学じゃない??

教育って、こういうことじゃないの???

 


 

プロの建築士であるよーこは息子に、道具があることの意味や使い方も丁寧に教えてくれた。

見たこともなかった道具の使い方を知り実際に扱ってみる経験、プライスレス。

電動のこぎりにやすり、インパクトドライバー。

使い方を教え、「めんどくさいよね~」なんて気持ちに寄り添い、

「こんな方法もあるよ」と根気よく見守る大人が親以外にいることは、とても心強い。

 

 

身をもって体感してみたら、「つまづいたら自分で工夫するアイデアが豊富」だったり「インパクトを使う際の微妙な力加減が上手」だったことがわかり、自分の適性や能力を知る機会にもなった。

 

親だけの関わりじゃこんなことは知れなかった。

プロに教わってこそ。

 

わたしは、某お仕事体験テーマパークは大大大好きでよく通っていたし、自分自身も昔、お仕事体験イベントを何度か企画してやってきた。

けれど今回、こんなにちゃんと泥臭く実のある「職業体験」を息子に贈ることができて、親冥利に尽きる。

 

作業をすすめる息子とよーこを観ていて、手伝いながら、わたしはそんなことを考えていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、教育のことを語りだすとキリがない笑。

 

時を戻そう。

 

土台の枠の上に、パーツをくっつけていく。

簡単な作業ではない笑。

 

途中何度も、倒れたりズレたりしてやり直しながらの数時間。

 

 

 

☝この道具も今回初めて知ったもの。水平なんて気にしたこともなかったよ。

初めて見るものはテンションあがる。

 

 

そしていよいよ、この日のゴールだった

家の骨組みが完成!!!!!

 

 

 

ちゃんと希望の片屋根になってます。

片屋根じゃなければ、もうちょっとラクだった。

 

だから何度か途中で確認したけど、お誕生日の主役の意思は固かったのよ笑。

無事にこんなカタチが出現して、感慨深い!

疲労困憊!!!!!笑

 

よーこ、ありがとう!!!!!!

大変なチャレンジだったけど、キュリアス・マインズの社訓のとおり、好奇心がほとばしったぜ。

 


 

よーことの5時間を終え、晩ごはんのあとにいそいそと作業。

若者は元気だ!

 

壁は改めて廃木材で正式に作るけど、せっかく枠ができたからさ、やっぱり仮でも完成させたかったよね、俺のお籠りスペース。

 

ってことで、家にあった段ボールでいい感じの組み方を見出し、屋根を作ってた。

 

 

 

 

 

できた屋根を設置してぇ~、

そしたら壁も段ボールでツギハギで作って~、

イイ感じのライトつけて~、

 

 

じゃん。

 

 

 

 

 

 

なかなかにギョッとするビジュアルだけど、中に入ってみると・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天井見上げたらなんとも落ち着く空間。

コンセプトどおりになってるし笑。

 

 

 

 

 

「ああ。。。いいわぁ、ここ。」と至福の表情。

 

 

数日後仕事から戻った父も、長男の家を観て「すげーな、これ!!!」と感嘆。

そのまた数日後には、壁にする廃木材を調達、っていうところまで進み、

まだこの家づくりは完了しておらず、現在も進行中。(2020年4月26日現在)

 

 

今回のレポートはここまで!

 

 

きっと後々、とても心に残る数日になるんじゃないかな。

その時の気持ちは今はまだわからないけれど、とても満足で嬉しくて誇らしくて寂しくて、ありがたかったです。

 

ここまでのお付き合い、ありがとうございました!

 

おしまい。

 


✿Special thanks✿

(株)キュリアス・マインズ

HP:https://www.curious-minds-inc.com/

Instagram:https://www.instagram.com/curious_minds_inc/?hl=ja

Facebook:https://www.facebook.com/cm.brocante