世のスタンダードを「自分らしさを発揮する」に変換する 

JINEN-自然-プロジェクト

 

区長のちえです。

2020年度の未来区は、予想もしていなかった状況からのスタートとなりましたね。

未来区だけではなく、新型コロナウイルスとの向き合い方によって人や物事の本質が問われる今、すべてのことは外ではなく自分の中にあるんだ、とわたしが深く再確認する機会を得たのは、こんな作品もきっかけでした☟

 

 

 

ああするべきだ、こうあるべきだ、なんていう外野の声をききながら、自分の心から湧き上がってくることに集中するのは恐ろしくもある。

でも、自分の内なる声に耳を傾けて、自分の中が調和することこそが、自分を生きる至福。

一歩踏み出す苦しみを乗り越えて進むことが自分を生かし切ることで、結局それが人間の満足なんだろう。

未来の人財である子どもたちに継いでいける宝は、人が自分を生きる物語でしかないのかもしれない。

 

そこで、未来区で2020年度尽力していくと決めたのは、人が、

「自分らしさを発揮し凸凹を生かしあう歓びを知る」ためのプロジェクト、JINEN-自然-です。

このJINENでは、「人が自分らしく生きる」ことに深く関わる「教育」「医療」「福祉」の三位一体を目指します。

 

現代の社会問題って???

 

現代の社会問題って、教育・医療・福祉だけでもたくさんたくさんあるのです。

 

キーワードをあげるだけでも、

教育:進学率、大学全入時代、偏差値、学級崩壊、不登校、いじめ、子育て・育児、学力低下、詰め込み式教育

医療・健康:保険制度、社会保障、ベーシックインカム制度、育児・介護問題、医療格差、セーフティネット、生活習慣病、薬物依存、再生医療、公衆衛生、医者の不足

福祉:人材不足、資金不足、離職率が高い、低賃金、職員の疲弊、規制緩和による質の低下

 

 

うーーーん、ちょっと続きはあとから!