刻々と葉が色づいていく晴天の下、夢に向かって起業し3年目を迎えている、”仮想未来区役所” の運営会社、一般社団法人mixjam代表 辻千恵さんのお話を聞いてきた。

彼女は今、新たな転換を図って幾度目かの進化の時を感じている。

今回のお話の中で出てきたことは3つ。

・もったいない生き方ってなんだ
ワンピースな社会=インクルーシブな社会
《こんなのあったらいいなー》からしか始まらない

だ。

彼女の話す”インクルーシブな社会”とは、一体どんな社会のことをいうのだろうか。そして、今後未来区はどう転身していくのだろうか。また新たなステージへの飛躍をのぞむリーダーの想いに迫った。

 

1.もったいない生き方ってなんだ

画像1

自分の可能性も相手の可能性も思い描きもせずに一つの選択肢で生きてる人がたくさんおることがもったいなくて怒りがある。

社会福祉科の短期大学在学中からのおよそ20年、障害児者福祉施設や医療機関での保育士、訪問療育、ソーシャルスキルトレーナーなどの職を経て、今に至る。

彼女がそう感じるきっかけとなったのは、22歳の頃障害児者地域支援センターで勤務していた時の社会の通念的な価値観と目の前にいる生身の子ども達から受ける印象との間に大きなギャップを感じたことが始まりだ。

当時は”障害”は今にも増して悲観されるものだった。
”障害”という名前がつけられた子どもたちは手厚い福祉制度のサポートを受け、施設に通ったり入ることで、彼らが日々の生活活動に不安がないよう社会的に”守られている”ことになっていた。しかし、本人の意欲が削がれているように感じて歯がゆい思いをしていた。と辻さんは話している。

確かに、制度の中では手厚く保護されているものの、意欲や可能性が削がれていっているなっていう恐怖も覚えた。
どんなことも持って生まれたものなのに、それが生かされないようで悲しかった。
と同時に
「なんかもっと違ったやり方があるんちゃうん??」
「新しい社会の形が、環境が、この状況を打破デキるんちゃうん??」
って、どうやっていいのかはその時はわからなかったけど、なんか別の方法が、未来があるはずだって思ったのもこの時でした。

辻さんが”インクルーシブな社会”というものがこの地球の未来に必要なんだと奮い立ち、できたのがこの仮想未来区役所だ。

では、辻さんの語るインクルーシブな社会とは、どのような社会なのだろう。

 

2.ワンピースな社会=インクルーシブな社会

画像5

昨今”インクルーシブ教育”や”インクルーシブな視点”など、メディアでも耳にする機会の多くなったこの言葉。
Wikipediaでは以下のように定義されていた。

《インクルーシブ》
「包み込むような/包摂的な」という意味。
「ソーシャル・インクルージョン」(社会的包摂)という言葉から来ており、これは「あらゆる人が孤立したり、排除されたりしないよう援護し、社会の構成員として包み、支え合う」という社会政策の理念を表している。

この言葉だけを見れば、前述の”障害者”も排除されることなく擁護され、社会の構成員として包まれているようにも感じられる。

私は、「仮想未来区役所」という事業を運営し、どんな条件や個性も生かし合う社会を目指してる。
私のいうインクルーシブな社会は、この事業を通じて出会う人たちと条件や肩書にとらわれずに心や気持ちに触れ、ちがう価値観をもつ人間同士がそのちがいを知り合い、認め合い、対立せずお互いの平和を大切にしながら共存している社会のこと。
そんなんやってみたいやん。

社会で定義される障害の有無にかかわらず、どんな人にも意欲や想いが満たされる環境でお互いの個性や能力を発揮する社会のモデルを仮想未来区役所で作るということなのだ。

 

3.《こんなのあったらいいなー》からしか始まらない

画像2

辻さんは、その社会を実現するために必要なことは各々の《あるもの=意欲》をカタチにすることだと語っていた。

人がワクワクして、やってみたいと感じたその想いは、まさに、子どもの頃でいう”この指とまれ”に匹敵する求心力を持つ。

あなたも、あんなことしてみたいなー。こうだったらいいのになー。と頭の中で想像が膨らんだことがあるだろう。
しかし、そうはいっても

自分なんか、、、とか
どうやってやったらええんや、、、とか
いい大人になった今更、、、とか

そんな風にいろんな理由をつけて諦めてしまった想いはないだろうか?
例えば先日こんな話があった。

《漫画・アニメが大好きでその魅力について語り合えたら楽しそう!》という女性の意欲が発端で定期的に集まっているグループがある。
これまで
・囲炉裏(仮想未来区役所 直方出張所)で語り合う
・漫画に出てくる聖地の巡礼
・映画を見に行く
などのイベントを開催してきた。

ある日、その参加者の一人が、「人と集まって、こうやってお互いの好きなものについて、話せる場があるのはめっちゃ楽しい。人と知り合えて嬉しいわ。」と話していた。

それを聞いた主催者の彼女は、”自分が好きで始めたことが、誰かの喜びの機会になっていた”ということに驚いた。
・好きなことをしているだけなのに、それが誰かの楽しみになっている
・好きなことだからこそ、無理をせずに継続している
・誰かと喜びや楽しみを共有することを自分自身が求めていたことに気づいた

など、彼女自身が意欲をカタチにしたことで、自分の魅力や能力に気づき、安堵と誇りを感じるきっかけとなっていた。

他にも多数のエピソードが仮想未来区役所には存在している。

 

4.”ひとり”でできないからインクルーシブなんだ

画像5

《あるもの=意欲》を生かし合う場とはいえど、その仕組みを作ることに苦労してきた。

仮想未来区役所にはルールがない。
あるのは誰かの《この指とまれ》的な意欲に賛同し、区民が集まるという仕組みたった一つだ。

ルールや規則があることに慣れてしまった私たちは、この仕組みの前に、おののいたり、戸惑ったり、本当にこんな私の想いに応える人がいるんだろうかという不安に駆られる。

意欲があるにも関わらず、自発的にどう声をあげていいのかわからないという事態に陥った。

インクルーシブな社会を実現するには以下のようなことが不可欠だ。

・善い・悪いの評価や判断をしない
・できる・できないという評価や判断をしない
・分かるまで話し合う
・自分だけではなく、他の区民の意欲や行動に関心を持つ

”自分だけではなく、他の区民の意欲や行動に関心を持つ”

にも関わらず、辻さん”ひとり”が他の区民と多く触れ合う機会を持っていたため、協働に至らず辻さんだけが忙しく動き回ることとなり、疲弊していた。

ということに彼女は気づいた。

自分に善い・悪いの評価してたやん!
自分にできる・できないという判断してたやん!
お互い理解し、分かり合うまで話し合ってなかったやん!
自分のことばっかり関心を持っていて
他の区民の意欲や行動に関心を持ってたつもりだっただけやん!

インクルーシブちゃうやん!!

ここにきてようやく実感をもって気づいた辻さんは、”困っている”という自分の気持ちを仲間に伝え、改めて、自分の望んでいた地球の未来に向かって、再稼働した。

辻さん自身もそんなインクルーシブな社会の中で育っている。

 

自分の中にある意欲に気づいたあなたは今この瞬間から仮想未来区民だ。

 

インタビュー・執筆/HIROKI YAMADA byひとのこと

 

↓↓区民登録お待ちしてます。↓↓


 

区民登録のながれは

こちら☟

①スマホを準備!下記QRコードから「未来区LINE」に登録しよう。


②未来区公式LINEのトーク画面を開き、左下にある 

”「区民登録」はここから!” ボタンを押す


③「ここから区民登録するでしよ~」のURLをクリックし、

「仮想未来区所転入届」に必要な情報を入力し送信!


④ここまで終えたら、3営業日以内に未来区総務課より納税のご案内が届きます。

*総務課職員に手渡し/*銀行振込/*未来区役所Webショップより決済

から方法を選んで納税!


未来区民スターターキットを受け取る。

手渡しか郵送で受け取ってね!

ツキイチで行われている「日本全国同時多発的ゴミ拾いプロジェクト」の専用グローブも進呈するよ。


これであなたも未来区民!

●区民登録後、区民限定グループ(FacebookやLINE)に招待して情報を受けとろう

●未来区役所直方出張所に遊びに行って、「区民アルバム」に名を連ねよう。他の区民とつながりやすくなるよ。