おはようございます!

日中もだいぶ涼しく過ごしやすくなってきましたね。

みなさまお元気ですか??

 

 

さて。

 

「日本は核家族化が進んでいる」

 

なんてニュースなどでよく聞きますが、ここでクエスチョン!

 

Q、そもそも「核家族」ってどんな家族なのでしょうか??

 

・  チッチッチッチッチッチッチッチッチッ⌚

 

これはバッチリご存知のかたも多いでしょう。

答えは、

A、

「核家族」とは、

単世帯(一人暮らしね)または未婚の子どもを含む二世帯によって構成される世帯のこと。

つまり、

 

①夫婦のみの世帯

②夫婦と子どもからなる世帯

③男親と子どもからなる世帯

④女親と子どもからなる世帯

 

この4つです。

 

 

 

で、核家族が増えている増えていると言われてはいますが、

どのぐらい増えているかというと。。。

 

 

2018年の最新データではこんな感じです☟

 

 

 

 

 

はい、グラフ、ドン!!!

 

 

今日本、実に90%近くがこの「核家族」なのですって。

 

 

どうして日本の核家族化が進んだかという話は次回にするとして、

 

核家族化がすすむとどうして問題と言われているのか??

 

 

 

 

これはみなさんいかが??

毎日の暮らしで思い浮かぶことってありますか??

 

 

 

 

私たち未来区は、核家族化による影響を次のように考えています。

 

これがね、けっこうたくさんあるんだよね。

私たちに寄せられたお話、すべて実話です。

 

 

1⃣ 子育てで苦労することが増えた?!

 

 

●例えば、待機児童の問題。

家計を支えるために仕事している大人が増えたけれど、

そのため預け先が見つからず困っているひとり親世帯・未婚の親世帯が増加してる。

 

 

●例えば、孤育てのツラさ増大や虐待の問題。

子どもって大人の思いどおりに動く生き物じゃない。

自分のペースを乱される、イライラする。

働いてきて疲れてるし、家事だってある。

夫婦でやりとりする時間だって要る。

心の余裕も、時間の余裕も、お金の余裕も。

余裕のない時はしんどい。

子どもは愛してるしすごく大切。

でも毎日の忙しさや余裕のなさに追われて、

グチったり頼って甘えられる人もあまりいなくて。

もう子どもにぶつけるしかない毎日。

ほんとはこんなのイヤだしつらい、自己嫌悪のループ・・・・・。

 

 

 

2⃣ 家族が病気や障害を抱えた時、介護が必要になった時、もういっぱいいっぱい。。。

 

次のグラフがこちら☟

 

●例えば、老々介護の問題。

少子高齢化がすすみ、介護の問題は深刻。

実は親との関係ではしがらみもあった中、親の介護という役割は正直しんどい。

義理の親の介護も本当はしんどい。

年老いた自分の身体ももう限界だ。 けれど投げ出すわけにもいかない。

自分がみないといけないという義務感、 逃れる時の罪悪感。

で、そんなふうに感じられての介護、されるほうも心痛い。

 

●例えば、子どもの病気・親の病気で生活が回らなくなる問題

子どもの急病の時、仕事に行けず困ってしまう。

病児保育ってあるけれど、具合が悪い時に慣れない場所に預けるのも一苦労。

仕方なく仕事休むのはいいけれど、次の出勤、気を遣うなあ。。

そして自分自身や夫・妻の病気。

今やたくさんの人がガンなど長期療養が必要な病気を抱える時代。

でも実際そうなってみると生活は一変。

子どもの世話、家事、育児、通院の送迎、治療費もかかる。

療養中の家族が担ってた役割をする人がいない。

不安を吐き出せる場もなくて、周り見渡しても、助けてということも難しい。

 

 

 

誰かに役割が集中し、疲れ果ててしまう。

そしてもう一方は、家族のお荷物になっているようでツラい。

 

 

 

 

もっともっとあるのだけれど、ここにあげたものだけでも、

負担が集中している当事者の人はほんとに、

心も体も休まる時がないだろう。

 

 

 

なんとかしようよ、

もっとたくさんの人たちで役割分担していこうよ。

負担が集中している人もいれば、

何も役割が与えられず、存在意義を見失って無気力な人だってたくさんいそうよ。

その人たちが役割を得て元気になったら、医療費の削減にもつながるかもよ。

 

 

知恵と力を合わせたら、

なんとかなるんじゃないのか?!?!?!?!

 

 

未来区って、この

「ゔゔ~~~~~。。。

 ちょっとだれか! 

 なんかできることからなんとかしようや~~~~~」

の「なんとか」を共に考え実行していくところです。

 

 

 

ではまた次回のコラムでお会いしましょう!

 

なんとかするアイデアを思いついた人は、ぜひ未来区に投書してほしい。

そして未来区民として共に考えよう。

 

 

それでは、今日はこのへんで、アデュー!

 

=====================================

ちなみに本日載せさせていただきましたデータ、出典は厚生労働省のこちらです☟

 

新しいデータが見やすくて助かりましたん。